ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年05月09日

フランクフルトのボビッチ氏、再開にもファンへ自粛を強調

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 来たる木曜午後より、遂に2ヶ月ぶりに再開を果たすことになる、ブンデスリーガ。アイントラハト・フランクフルトでは、同日夕方より開催されるボルシア・メンヒェングラードバッハ戦をホームで迎えることになるのだが、それに先駆けてマネージャーを務めるフレディ・ボビッチ氏は、ファンたちに対して改めて自粛を促す発言を行った。

 同氏は無観客試合にて開催される本拠地コメルツバンク・アレナへ、決してサポーターたちが姿を現さないよう警告を発しており、「ファンたちと話し合いを重ねている。そして「みなさん、どうかスタジアムには来ないようにしていただきたい。もしもそうなってしまえば、我々はこの試合に敗戦することになるかもしれないよ。規定は非常に厳格なものなのだ。」と、ESPNに対してコメント。

 ただその一方でボビッチ氏は、フランクフルトのファンたちへ信頼も抱いているところであり、「彼らはクレバーだ。ここのところ規定をしっかりと遵守しており、地域のために特に年配者のために多くのことを行ってくれている」と強調。話し合いでは、ファンたちからは規定遵守に向けて前向きな姿勢もみてとれていたようだ。

 なおアイントラハト・フランクフルトにとっては、久々となるリーグ戦再開からの対戦カードは非常に厳しいものがある。初戦となるホームでのグラードバッハ戦の後は、今度はアウェイで王者バイエルン戦が控えており、「いずれもドイツトップのクラブとの対戦だよ」と、ボビッチ氏は語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報