ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月06日

フランクフルト、ヒュッター監督との延長の流れ

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アイントラハト・フランクフルトは近い将来、アディ・ヒュッター監督との契約を延長する可能性が高いようだ。これは日曜日に、マネージャーを務めるフレディ・ボビッチ氏が明らかにしたものであり、「契約延長の可能性については、すでに話し合っていることだよ」と明かした同氏は、「全て整っているように思うね。ヒュッター監督とフランクフルトはうまく機能し合っているし、前向きに見ているよ。適切なタイミングで話し合いを行い、その後に延長を発表できるものと期待している」と、語った。

 現在の契約期間は来シーズンいっぱいまでとなっているが、ただその一方で2018年にヤングボーイズから加入し、就任1年目にヨーロッパリーグ出場を果たした指揮官自身、最近では監督続投に関心を示している。そしてそのヨーロッパリーグでは無事にグループリーグを突破。しかしながらコロナ危機による中断直前、FCバーゼルとのホームでの初戦にて、痛恨の0−3と敗戦を喫しており、再開直後に敗退という可能性が大いにある。それでもボビッチ氏は「どんな状況であれ、我々は決してあきらめない」姿勢を強調した。


 その一方でフランクフルトは、チームドクターのフロリアン・プファブ医師と、今季までとなっていた契約をさらに2年間延長した。昨夏にインゴルシュタットより加入した同氏との延長に、アディ・ヒュッター監督は喜びをみせ、「フロリアンの仕事ぶりは、まさに脱帽ものだよ。いかに選手たちから信用を得てきているか。コロナ危機においても見事な手腕を発揮してくれており、連携もうまくはかれていることから負傷の予防にもしっかり対応できている。彼との仕事は本当に楽しいものだよ」と、賛辞を贈っている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報