ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月19日

アンテ・レビッチ、ACミランへの完全移籍に前向き発言

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アイントラハト・フランクフルトにおいてカルト的な人気を得ているアンテ・レビッチだが、現在の居場所はフランクフルトではなくイタリアのミラノであり、そしてそれはこれからも続いていくことになりそうだ。

 伊紙”Sportweek”に対してレビッチは、このままACミランでプレーし続けていくことが想像できるか?との問いに、「もうすでに、イエスと伝えているよ」と、コメント。2019年夏にアンドレ・シルバとの交換という形で、2年間のレンタル移籍中にあるクロアチア代表FWは、シルバと同様に出だしでのつまづきこそあったものの、共にここ数ヶ月は活躍を披露しているところであり、完全移籍につながったとして決しておかしくない状況にある。

 またフランクフルトにて競技部門役員を務める、フレディ・ボビッチ氏が最近にミラン側との交渉に臨む用意があることを明かしており、「レビッチもサラリー面でのレベルを戻したいとは思っていないだろう」と発言。ただ逆にシルバにとってもそれは同様の問題ということになり、仮にレビッチがACミランに完全移籍をするとしても、それが同時にシルバのフランクフルトへの完全移籍を保証するものではない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報