ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月23日

フランクフルト、長谷部誠の代替案にリュビチッチ浮上

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨シーズンのアイントラハト・フランクフルトにおいて、主にビルドアップの役割を担ってきたのが、元日本代表主将の長谷部誠だ。確かに先日に契約を延長したとはいえ、それでも年齢は36才。そのためフランクフルトでは、それ以外のオプションについても模索している。

 そしてkickerが得た情報によれば、その候補の一人としてデヤン・リュビチッチがリストアップされている模様。オーストリア1部に所属するオーストリアユース代表は、ボランチを主戦場としクラブでも主力として活躍。更に3バックでもプレーが可能であり、まさにフランクフルトが求める選手像にマッチした選手だと言えるだろう。

 なおラピド・ウィーンとの契約は2021年まで残されており、22才の獲得に際してフランフルトには移籍金の支払いが生じることに。またその一方でリュビチッチに関心を示しているのは他にもあり、現在プレミアリーグ昇格を目指す、FCブレントフォードの名前が挙がっているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報