ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月27日

フランクフルト、元指揮官コヴァチ監督率いるASモナコと腕試し

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 長谷部誠と鎌田大地が所属するアイントラハト・フランクフルトは、1つの魅力的なテストマッチを組むことに成功した。8月1日、フランクフルトの元指揮官ニコ・コヴァチ監督が就任したばかりの、仏1部ASモナコとの腕試しを行う。なおフランクフルトはヨーロッパリーグ16強セカンドレグ、FCバーゼル戦が控えており、その前哨戦の意味合いをもった対戦だ。

 2016年から2018年にかけてアイントラハト・フランクフルトの監督を務めたニコ・コヴァチ氏は、2018年にドイツ杯優勝という形で有終の美を飾りバイエルン・ミュンヘンの監督へと就任。就任初年度では国内二冠を達成したが、昨年11月にフランクフルトに1−5と大敗を喫した後に解任されていた。

 なお昨季9位のASモナコは現在、ポーランドにて合宿を行っており、その帰りの道中にフランクフルトへ立ち寄る形でテストを実施。アディ・ヒュッター監督は「モナコのようなトップクラスの相手は、バーゼル戦を考えたときに良い腕試しになる。他のフランクフルトの人々と同様に、私もコヴァチ氏と会えるのを楽しみにしているよ」と、プレスリリースにて語った。

 一方のコヴァチ監督も、「この試合を特に楽しみにしている。フランクフルトを訪れること、そして友人たちと会うことは、いつだって素晴らしいものだ。また競技面で見ても合宿の帰途において、これは1つの興味深いテストとなる。」と述べている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報