ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月14日

フランクフルト、またしても一部ファンの行為で多額の罰金

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 息を飲むようなコレオなど、その盛り上がりに満ちたアイントラハト・フランクフルトファンたちについては、国境を越え海外にまで知られるところではあるのだが、しかしながらまたしてもその中の一部のファンたちによる行いにより、クラブ側は多額の罰金を強いられることとなった。

 昨年12月2日に行われた1.FSVマインツ05戦にて、フランクフルトのファンよりパイロテクニクスが試合中に使用され、10分間の遅延が生じたことを受け、ドイツサッカー連盟スポーツ裁判所は罰金7万5000ユーロを求める判断を下している。

 すでにクラブ側はこれを受け入れていることから、処分は確定済みとなった。なおそのうち2万5000ユーロについては「セキュリティ対策やインフラ改善のため」に使用することが可能。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報