ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月07日

フランクフルト、豪代表アルディン・フルスティッチに関心

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 kickerが得た情報によればアイントラハト・フランクフルトは、アルディン・フルスティッチに関心を抱いている模様。メルボルン生まれの24才は、オーストラリアとボスニア・ヘルツェゴビナの両方の国籍を有しており、両親がダウンアンダーから欧州に戻ってきた際に、まずはオーストリア・ウィーン、そしてシャルケでのユースチームを経て、2014年からオランダ1部フローニンゲンへと渡っていた。そしてそこで2017年にプロ契約を交わすと、昨季はリーグ戦25試合に出場して3得点3アシストをマーク。

 偶然か否か、フィリプ・コスティッチもフローニンゲンでプレーしていた頃に、当時VfBシュトゥットガルトにてマネージャーを務めていたフレディ・ボビッチ氏が獲得。さらに同氏はフランクフルトでも再びコスティッチを獲得し、いまやチームにとって欠かせない存在へと飛躍している。またコスティッチとフルスティッチは共にセットプレーを得意とする左利き。ただコスティッチと異なり右サイドを得意としており、契約最終年度に入ることから比較的安価な移籍金で獲得出来る可能性もあるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報