ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月21日

フランクフルトのヒュブナーSD、節目の10年目で退団を決意?

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 火曜朝に地元紙フランクフルター・アルゲマイネは、アイントラハト・フランクフルトのブルーノ・ヒュブナーSDが、在任10年目を経てクラブを退団すると報じた。すでにフレディ・ボビッチ競技部門取締役、そしてアディ・ヒュッター監督が共に2023年まで契約を延長したのに対して、同SDの契約期間はそのまま最終年度へと突入。

 そしてヒュブナー氏は契約を満了する形での退任を決意したと伝えられたが、ただkickerからの問合せに対してフランクフルト側は同紙の報道を否定。広報担当によれば、まだ今後のことについて議論もなされていないという。

 現役時代にはブンデスリーガの1.FCカイザースラウテルンにてプレーしていた同氏は、2011年よりアイントラハト・フランクフルトへと在籍。初年度でブンデスリーガ復帰を果たし、2018年にはドイツ制覇。昨季はEL準決勝進出を果たしており、FCチェルシーにあと一歩まで詰め寄るも僅差での敗退を喫している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報