ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月27日

ヒュッター監督、今節は3−5−2を再び採用か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 土曜日に行われるアイントラハト・フランクフルトvs1.FCウニオン・ベルリンとの一戦は、ここまで最もドリブルによる仕掛けが少ない2クラブによる対戦という構図も持っている。ここまでウニオンでは僅か88回で成功率は59.7%(リーグ7位)、そしてフランクフルトは98回で成功率は62.6%だ(リーグ5位)。

 特にフランクフルトでは昨季からこの傾向は見てとれ、成功率ではリーグ3位(63.8%)を誇りながらも回数では11位。それに加えて今季はコスティッチの長期離脱の影響があり(昨季は139回行い59.7%成功)、とりわけ引いてくる相手にした時の不在の穴は目に付く。

 そのコスティッチは前節のライプツィヒとの痛み分けでは、僅か2度のドリブルに終わったものの先発復帰というステップを果たすことには成功。今回のウニオン戦ではその重要度は増していくことだろうが、ただそのライプツィヒ戦で5度のドリブル(4度成功)をみせていたアイメン・バルコクは、コロナ感染により欠場を余儀なくされるところ。

 一方でコロナ感染から回復したアミン・ユネスについては練習復帰を果たしてはいるものの、しかしながらいきなり先発候補ということはならないだろう。それでもジョーカーとしては離脱前、13分に1度というチーム最多のペースで仕掛けており、54.5%の成功率を誇っていた。

 ただいずれにせよ攻撃的MFバルコクの代わりには、2トップを好むヒュッター監督はバス・ドストを戻し、そしてCMFのセバスチャン・ローデがジブリル・ソウと中盤を形成することだろう。つまりはライプツィヒ戦では4バック(守備時には時に5バック)を採用した指揮官だが、この試合からは再び3−5−2システムに戻し、また長谷部誠も先発復帰する可能性は十分にある。ただ前節ヌディカが「とても良いプレー」をみせただけに判断は求められるところだ。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報