ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月01日

フランクフルト、トルコ期待の若手FWアリ・アクマン獲得

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アイントラハト・フランクフルトは再び、来シーズンに向けた戦力補強に成功した。この夏よりアリ・アクマンをフリートランスファーにて、4年契約で迎え入れることになる。トルコ2部ブルサスポルに所属する18才は、ここまで18試合に出場して10得点3アシストをマーク。

ボビッチ氏「トルコで最も大きな才能をもつ選手の1人」

 フレディ・ボビッチ競技部門取締役も「トルコで最も大きな才能をもつ選手の1人として期待される選手」の獲得へ、喜びをみせた。「これから数年かけて成長させていきたいと思う。アクマンはその成長のために必要な時間を、十分に与えることができるだろう。数多くのクラブから関心が寄せられていた選手を迎えられたことを嬉しく思う」

来季に向けた2人目の新戦力

 センターフォワードでもその脇を固める形でもプレー可能な173cm、テクニックに長けたFWに対しては、特にRBザルツブルクやガラタサライなどからの関心が伝えられていたものの、争奪戦を制したフランクフルトは先日のクリストファー・レンツに続き、来季に向けた2人目の新戦力の獲得に成功している。

ヘルタから関心のボビッチ氏「未来は誰にもわからない」

その一方でフレディ・ボビッチ競技部門取締役に対しては、ヘルタ・ベルリンからの関心が伝えられているところだが、「ここで自分がやっていることに満足している。ただ未来のことなんて誰にもわからないことさ。それはこれまでにもずっと話してきたことではないか」と述べ、「だから集中してフランクフルトの仕事に取り組んでいるのだよ」と言葉を続けた。「我々は非常に良い道を歩んでいるし、気の緩みなど許されない状況。これからも全力で臨まなくては」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報