ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月22日

レーヴ代表監督の前で大活躍のユネス、代表復帰の可能性は?

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデスリーガ第22節に行われた注目のトップマッチ、アイントラハト・フランクフルトvsバイエルン・ミュンヘン戦の試合会場には、ヨアヒム・レーヴ代表監督の姿も見受けられた。そしてその指揮官の目の前で繰り広げられることになったのは、今夏にブンデスリーガへと復帰したアイントラハト・フランクフルトの、アミン・ユネスによる王者相手の大活躍ぶりだったのである。

 さっそく前半12分では、左サイドからPA内に侵入したコスティッチに絶妙なタイミングで供給、最後はグラウンダーのボールを受けた鎌田大地がゴール右隅に決めて先制。その後に飛び出したノイアーの虚を衝くロングシュートであわや追加点という場面をみせると、ズーレとの1vs1からゴール右上に突き刺す豪快なミドルシュートを一閃。これが決勝点となり、最終的にkickerから今節のMVPにも選出された。

 Sport1とのインタビューにてレーヴ代表監督は「ユネスは、非常に良い試合をしていたね」と称賛。「彼は徐々にそのリズムを取り戻しつつある。彼のピッチ上でのテクニックと司令塔としての仕事ぶりは見事なものだった。1vs1の状況では、最高の形で打開策を見出してくれる選手だよ」と言葉を続けている。果たして2017年にコンフェデ杯を優勝したユネスは、3年半ぶりの代表復帰を果たせるのか?来月にドイツ代表では、ワールドカップ予選3試合が控えている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報