ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月16日

フランクフルト、ヒンターエッガーが「しばらく離脱」へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に行われた2位RBライプツィヒ戦では、開始直前に急遽欠場することが明らかとなっていた、マルティン・ヒンターエッガー。その理由は大腿に問題を抱えているということであり、ヒュッター監督は「それ以上はまだ正確なことがわからないんだ」と説明。

 そして月曜日に受けた精密検査の結果、左大腿の筋膜に軽度の過度伸展がみられることが、クラブ側より発表がなされている。「数日後にチーム練習へと復帰できるかどうか。それは今後の回復経過次第によります」

 つまりは代表戦期間前に控えるウニオン・ベルリン戦での出場については、まだ疑問符が残されることになった。なおライプツィヒ戦で代役を務めたイルザンカーは、マン・オブ・ザ・マッチに選出される活躍を披露。欠場となった場合は、引き続きイルザンカーが3バックの中心に入ることが予想される。

アンドレ・シルバ、クラブ記録目前
 
 なお今回のライプツィヒ戦では、鎌田大地への同点ゴールをアシストしたアンドレ・シルバが、今シーズン25スコアポイント目を獲得(19得点6アシスト)。これはヨヴィッチ(17得点8アシスト)、ハーラー(15得点10アシスト)に並ぶ数字であり、クラブ最高記録を30年前に樹立した、アンソニー・イエボアにあと1つへと迫る数字だ(20得点6アシスト)。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報