ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月18日

フランクフルト、ヒンターエッガーの出場未定で大幅入れ替えも

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 木曜日に行われたプレスカンファレンスにて、アイントラハト・フランクフルトのアディ・ヒュッター監督は1.FCウニオン・ベルリンについて、特に高さについて警戒。ただそこでの対抗策となるべき3バックの2枚、トゥータは累積警告によって出場停止となっており、またマルティン・ヒンターエッガーは負傷のために出場が危ぶまれているところだ。指揮官はあくまで「万全じゃなくては起用しない」考えを強調。4バックの可能性を指摘しつつも、おそらくは右からイルザンカー、長谷部誠、ヌディカの3バックを形成し、中盤ではローデとソウがコンビを形成することだろう。

 もう1つ指揮官がウニオンを警戒するポイントが、「戦術的に非常に規律正しく、そしてリーガ全体でみても非常に精力的に走るチームだということ」とコメント。そこでのサイドの攻防を考えた時でも、右サイドではドゥルムとトゥーレが負傷離脱。「攻撃的なオプションか、守備的なオプションか」の判断を迫られることになり、バルコク、ツーバーに加えて、ティモシー・チャンドラーについても「忘れてはいけないよ」と念を押した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報