ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月31日

アッへが腱断裂で長期離脱、ヒンターエッガーにも疑問符

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アイントラハト・フランクフルトのラグナー・アッへを襲う負の連鎖に出口は見えない。前半戦では腱の負傷で長期離脱を余儀なくされ、その後に手術を受けていたストライカーは、復帰後途中から5試合に出場していたものの、再び右大腿の腱を断裂。このままフランクフルトでのシーズンを終える危機へと瀕している。

 ヒュブナーSDは、「もう今季中に起用できることはないだろう」と語った。なお「今回は外側ではなく、内側に影響が出ている。」とのことで、今回は手術は避けて保存療法での回復を目指していくという。「負傷してしまったことは選手自身にとっても辛い事。復帰を果たし、前を向いて五輪への期待も抱いていたんだ。それさえ疑問符がつくことになる」


 これでアディ・ヒュッター監督のFWのオプションは再び、アンドレ・シルバとルカ・ヨヴィッチの2選手のみということに。仮に最近採用していた2トップを選択すると、バックアップが不在という事態へと陥った。また守備陣についても、今回のドルトムント戦では長谷部誠が出場停止。

 マルティン・ヒンターエッガーについても左大腿の筋膜の損傷で出場は危惧されているが、「かなり回復はみせている。水曜日に戻ってくるので、その時にどんな状態かがわかるだろう。」と、出場への希望を失っていないところ。それでもリスクは避けることを踏まえ、イルザンカーが3バックの中心でプレーする可能性が高い。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報