ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月26日

フランクフルトから関心のクレーシェSD、ライプツィヒと契約解消。

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 RBライプツィヒのマルクス・クレーシェSDが、今季をもってクラブを後にすることが正式に発表された。これは双方合意の下での契約解除であり、本来は来夏まで契約期間は残されていた。しかしながら昨夏にスカウト担当のクリストファ・ヴィヴェル氏、そしてメディア担当のフロリアン・ショルツ氏の昇格によって、権限が縮小されたクレーシェ氏は不満を抱いていた。

 なお2年前にクラブを後にしたラルフ・ラングニック氏の後任として、SCパダーボルンから加入したクレーシェSDに対しては、先日に同じく契約を早期に解消し、ヘルタ・ベルリンへの来季からの移籍が発表された、アイントラハト・フランクフルトからの関心が伝えられているところ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報