ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月01日

ロジャー・シュミット監督、今夏ブンデス復帰の可能性を否定

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ロジャー・シュミット監督は来シーズンも引き続き、エールディビジのPSVアイントホーフェンにて指揮をとりつづけて行きたいと考えている。昨年に2022年までの契約で同クラブに加入した54歳の指揮官は、このまま契約をまっとうしたい考えを強調した。

 「私はたった1年だけ滞在するために、PSVへと来たわけではないよ」と、クラブ公式ページにて語った同氏は、さらに「もしもここで移籍してしまっては、私としてはPSVの監督を務めたという気になどなれないものさ」と言葉を続けている。

 これによりかつてバイヤー・レヴァークーゼンにて監督を務めていたロジャー・シュミット氏は、少なくとも当面の間に関してはブンデスリーガの復帰を含む、全ての憶測へ終止符を打つことに。最近ではアイントラハト・フランクフルトなどの候補者としても名前が挙がっていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報