ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月07日

フランクフルト、チャンドラーとの契約を2025年まで延長

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アイントラハト・フランクフルトは2022年まで残されていたティモシー・チャンドラーとの契約を、さらに3年間2025年まで延長したことを発表した。さらに今回の契約には「現役引退後の雇用オプション」も付随されているという。

 フレディ・ボビッチ競技部門取締役は、「今回の契約はフランクフルトが掲げる戦略に、完全に合致したものだ」と賛辞を送った。「チームメイトや周囲の人々から受ける評価は、スポーツの枠をはるかに超えるものであり、その功績は非常に非常に認められ、彼の言葉には重みがある。」 

 フランクフルト出身の元米国代表SBは、現役選手の中ではアイントラハト・フランクフルト最古参であり、2001年に11歳の時に門を叩くと、ニュルンベルクでの4年間を除いて一貫して、アイントラハト・フランクフルトにてプレー。2018年にはドイツ杯優勝も果たしている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報