ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月24日

フランクフルト、ヨヴィッチ残留を目指す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 7月1日より再びルカ・ヨヴィッチは、ひとまず所属元であるレアル・マドリードへと復帰する事になる。それはレンタル契約が終了を迎えるためだ。ただアイントラハト・フランクフルトでは「ルカ・ヨヴィッチの問題については、今後も継続して対応していく」と、フランケンバッハCFOが説明。残留を目指していく考えを示してはいるものの、ただそれでも早急な対応はあまり期待することはできないだろう。

 その一方で2022年6月末日までのレンタル契約にて、SSCナポリよりアイントラハト・フランクフルトへと加入中のアミン・ユネスについては、契約に買取オプションが付随してはいるものの、「それを今、行使する理由は特にない」とフランケンバッハ氏は説明。「なぜなら事実上、それでも彼は2022年7月1日から我々の選手になる、ということに変わりはないのですから」と言葉を続けた。「彼もここで居心地よくすごしていますし、それは我々にとっても同じことです」

 なおフランクフルトでは負傷からの復帰を果たしていたイェトロ・ウィレムス、また自前で育成し昨夏にトップチームに昇格したヤニク・ブルガー、ルーカス・ファーンベルガー、そしてヤベス・マカンダらとの契約更新が見送られており、またレンタルが終了したマルクス・シューベルトも、この夏にはレンタル元で来季よりブンデス2部へと降格する、FCシャルケ04へと復帰することになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報