ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月06日

フランクフルト、再びスペインから若手獲得

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ナチョ・フェリ(16歳、UDアルシラ)、ファビオ・ブランコ(17歳、FCバレンシア)に続き、アイントラハト・フランクフルトは再びスペインから、「エキサイティングな将来性」をもつ16歳のアタッカー、エンリケ・エレーロ・ガルシア(ビジャレアル)を獲得したことを発表した。契約期間は2025年迄。

 フランクフルトのクレーシェSDは「エンリケは非常に大きな可能性を秘めた選手であり、エキサイティングな将来性をもっている」との見方を示し、「彼には十分な時間と機会を与え、成長し、プロとしての第一歩を示せるものと考えている」とコメント。「今回の獲得は、我々が若手の獲得にも力を入れていることの表れでもある」と言葉を続けた。

 なおプレスリリースによれば、エンリケ・エレーロ・ガルシアは2017年に開催されたユース大会『LaLigaPromises』にて得点王、およびMVPを獲得し注目を集めており、2020年にはスペインU15代表デビューも果たしているとのこと。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報