ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月23日

フランクフルト、感染率の基準値突破も、2万人以上のファンを見込める理由

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 すでにフランクフルト市では規定の7日間における感染率が35を突破し、ロベルト・コッホ研究所によればその数値は40.2にまで上昇した。特にアイントラハト・フランクフルトにとっての問題は、試合開催2週間以内に規定の数値を下回っていなければ、予定されている2万5000人の観客を動員できないことにある。7月31日には、サンテティエンヌとのテストマッチが開催予定。

 しかしながらこれでもなお、ある程度の冷静さをもって見守ることができる理由がある。フランクフルト市のマイヤー保険担当は、ドイツの大衆紙ビルトに対して「現時点においてヘッセン州では、35となると5000人の観客動員しか認められていません。しかしながらワクチンを接種したり回復した人については追加していくことができます。ですからみなさん、ワクチンを接種しましょう!」と説明した。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報