ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月09日

フランクフルト、ACミランからノルウェー代表ハウゲ獲得に迫る

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 日曜午後に行われた今季最初の公式戦、ドイツ杯初戦ではブンデス3部ヴァルトホフ・マンハイムに、0−2で敗退を喫してしまったアイントラハト・フランクフルト。だがその一方でマルクス・クレーシェ競技部門取締役はこの日、イェンス・ペッター・ハウゲの獲得へと迫っていることを認める発言を行った。

 ACミランに所属するノルウェー代表MFについて「非常に興味深い選手」と語った同氏は、「非常に高い確率で」フランクフルトへと加入する見通し。「イェンス・ペッターは非常にスピードに長け、得点力があり、複数のポジションでプレーが可能で、1vs1から打開することもできる選手だよ」と評している。「我々のオフェンスに、より柔軟性をもたせてくれるだろう」

 ノルウェー王者FKボド/グリムトにて、2部リーグから3年でセンセーショナルなリーグ優勝を果たした同選手は、昨年10月にセリエAの名門クラブへと移籍。しかしながら、昨季出場した18試合のうち、15試合で途中から出場。ミラン側は2025年まで契約を残すものの、すでに売却さえも厭わない考えであることが伝えられていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報