ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月10日

フランクフルト、ACミランからハウゲをレンタル

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通りアイントラハト・フランクフルトは、ACミランからイェンス・ペッター・ハウゲを獲得したことを発表した。母国ノルウェーでは屈指の才能をもつと期待される21歳は、1年間の期限付きにて加入することになるが、しかしながらACミラン側の発表によれば「ある条件」をみたせば、買い取り義務が発生。その金額は700万ユーロだ。
 
 これまでノルウェーのA代表にて3試合に出場した経験をもつハウゲは、スピード、テクニック、積極的な1vs1でのオフェンスなどに特徴をもち、得意とするポジションは左ウィングながら、右ウィングでもトップ下でもプレーすることが可能。

 マルクス・クレーシェ競技部門取締役は「イェンス・ペッター・ハウゲの加入により、我々のチームにとって次の重要なパズルのピースを加えることができた」とコメント。「我々の目標は、さらに柔軟性をもち、相手に予想しにくいチーム構成を行なっていくということ。その俊敏性に加えて、彼は1vs1での打開力もあり、全ての攻撃的ポジションでプレーすることができる選手。また伸びしろがあり、国際的なトップクラブでの第一歩を記し、すでにプロとして5年の経験も持ち合わせているよ」と言葉を続けている。

 2020年10月にハウゲは、ノルウェー1部でサプライズ優勝を遂げたボデ/グリムトにて、18試合に出場し24スコアポイントという数字を残した後、ACミランへと移籍金500安ユーロで加入。その出だしは順調だったものの、シーズン終盤まで思うような出場機会おw得られておらず、最終的に18試合に出場して2得点をマークしたセリエAを後にし、これから戦いの舞台をブンデスへと求める。

 「アイントラハト・フランクフルトは、伝統ある素晴らしいクラブで、すでに国際的にも大きな話題を呼んでいる」と語ったハウゲは、「ヨーロッパリーグでのパフォーマンスを目にしていたし、これから自分がこのアイントラハトのユニフォームを身につけプレーすることが待ち切れないよ」と意気込みをみせた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報