ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年09月16日

クレーシェSD「長谷部誠はプレーしていなくとも非常に重要」

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨シーズンではブンデスリーガ全34試合のうち、26試合で先発出場。うち16試合でフル出場していた長谷部誠だが、この夏より就任したオリヴァー・グラスナー監督の下、副主将へと任命されているとはいえ、ここまでの先発出場はブンデスリーガ開幕戦のみ。続く第2節では試合終盤からの投入となり、最近2試合では出場機会を得られていない状況が続いているところだ。

 そんな中でドイツの大衆紙ビルトとのインタビューに対し、同じくこの夏より就任したマルクス・クレーシェSDは、「仮に出場をしていなくとも、長谷部誠がリーダー的存在であることに代わりはない」ことを強調。「彼からのサポート、カリスマ性、そして当然のことながら彼のもつ素晴らしい経験は、彼を非常に重要な存在としている」と語った。

 その一方でアイントラハト・フランクフルトはグラスナー/クレーシェ新体制となって以降、ここまでドイツ杯初戦での屈辱の敗退を含む、公式戦5試合でいまだ未勝利の状況が続いており、本日より迎えるヨーロッパリーグGL初戦フェネルバフチェ戦では、この悪い流れを変えていきたいところだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報