ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年10月01日

グラスナー監督、先発復帰の長谷部誠を称賛「ファンタスティック」

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨晩に行われたヨーロッパリーグGL第2戦では、オリヴァー・グラスナー監督は就任以来初となる、公式戦での勝利を収めることに成功。

 特に試合前のプレスカンファレンスでは「無失点で抑えることができれば、1−0でも勝利を収められる」と強調していた言葉通り、今季初めて無失点での勝利を飾ることにも成功した。(唯一無失点だった第2節、アウグスブルク戦は0−0で痛み分け)

 特にこの試合でグラスナー監督は、第2節から一貫して4バックを採用してきた中で、就任以来はじめて長谷部誠を、3バックのリベロとして先発起用。最終的には72分にイルザンカーと交代することになるのだが、翌日の会見にて指揮官は「長谷部誠はファンタスティックなパフォーマンスをみせてくれた。」と称賛。

 さらに具体的に、「対人戦でクレバーに対応していたよ。2度に渡って前の方で素晴らしい守備も見せてくれたね。我々が目にしたかったことを、非常にうまく実践してくれた」と言葉を続けており、「痙攣があったために交代しており、今日は凍結治療を受けているところだよ」とも明かした。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報