ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年06月22日

フランクフルト、エリック・ドゥルムはカイザースラウテルンへ

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 火曜日には2014年W杯優勝を果たした元ドイツ代表、マリオ・ゲッツェの獲得を発表したアイントラハト・フランクフルト。同じ経歴をもつ元ドルトムントのエリック・ドゥルムについては、しかしながらこれからそのフランクフルトを後にすることになりそうだ。キッカーが得た情報によればその行き先は、ブンデス2部昇格を果たした1.FCカイザースラウテルン。すでに移籍成立は間近のところにまで迫っているようで、同クラブにとっては先日1.FCウニオン・ベルリンから獲得した、アンドレアス・ルーテに続く大型補強となる見込みだ。

 2020/21シーズンの大半では主力を務めていたものの、今季より就任したオリヴァー・グラスナー監督の下ではなかなか出場機会を得られず、最後にプレーしたのは昨年の11月のこと。契約は来年までながら移籍金の支払い義務もないはずだ。ちなみにそのドゥルムの出身はカイザースラウテルンにほど近いピルマゼンスながら、カイザースラウテルンでの在籍経験はない。元々はFWであったドゥルムは両サイドバックでもプレー可能な柔軟性と、ドルトムント、フランクフルト、ハダースフィールドなど独英1部通算128試合、CL・EL通算34に出場した経験をチームにもたらしてくれることだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報