ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年06月26日

ヒンターエッガー、故郷の5部のクラブでストライカーとしてプレー

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先日プロ選手としてのキャリアに終止符を打ったばかりのマルティン・ヒンターエッガーが、これからは母国の下部リーグにてこれまでとは異なる役割で、プレーすることが明らかとなった。クローネンツァイトゥング紙が報じた情報によれば、これからはオーストリア5部のSGAジルニッツへと移籍。そこではストライカーとして、得点を狙っていくことになるという。

 なお同紙ではヒンターエッガーの父で、ジルニッツのユースコーチを務める父、フランツ・ヒンターエッガー氏のコメントについても掲載。「彼が17年ぶりに故郷に戻ってきたことを嬉しく思うよ」と述べ、さらに現在ヒンターエッガーは「今は平穏な時間が訪れていることに喜んでいる」という。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報