ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月05日

デュッセルドルフに罰金確実「どうやってあれだけの火器類を…」

Düsseldorf
フォルトゥナ・デュッセルドルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に行われたグラードバッハとのダービーでは、またしても0−3と敗戦を喫してしまったフォルトゥナ・デュッセルドルフ。しかしながらその代償はそれだけにとどまらず、観客席から数多くの火器類が使用されたことにより、ドイツサッッカー連盟から罰金を命じられることは間違いない。

 TV局スカイに対して、マネージャーを務めるロベルト・シェファー氏は「言葉にならない」と絶句。フリードヘルム・フンケル監督も「あんなことは許されない。クラブを傷つけるものだ」と苦言を呈した上で、「いったいどうやって、あれだけの火器類をスタジアムへと持ち込めたんだ」と呆れ果てていた。

 対戦相手のマックス・エベールSDも、「これはサッカーという競技を貶める行為であり、そこに異論などないはずだ。決して良いことなどではない」と理解に苦しむ姿勢を強調しており、シェファー氏も「彼らのような危険な人間たち」に対して「自らの鬱憤を晴らす場をサッカーにするべきではない」と語り、断固たる対応を行なってく考えを示している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報