ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年12月04日

期待のFW2枚看板が未だ不発のデュッセルドルフ

Düsseldorf
フォルトゥナ・デュッセルドルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1部昇格を果たした今シーズンに向けて、フォルトゥナ・デュッセルドルフはホルスタイン・キールにて、ブンデス2部得点王に輝いたマルヴィン・ドゥクシュを獲得。そこで投じられた移籍金額は、クラブ史上最高額となる210万ユーロだった。しかしここまでドゥクシュはその期待に答えることは叶わず、いまだに無得点のまま。チームもついに最下位にまで転落を喫している。

 同じく昨シーズンにチームの得点王として昇格に貢献したルーヴェン・ヘニングスについても、いまだに無得点の状況が続いているところではあるのだが、しかしながらヘニングスについてはチーム全体にとって非常に重要な存在であり、守備面においても意欲的に対人戦へ臨む姿をみせており、おそらくは金曜日のブレーメン戦でもヘニングスがトップの位置で先発出場、ドゥクシュは再びベンチスタートということになるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報