ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月30日

デュッセルドルフ、DFBから罰金1万3千ユーロを請求

Düsseldorf
フォルトゥナ・デュッセルドルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 DFBスポーツ裁判所はフォルトゥナ・デュッセルドルフに対して、ファンがとった不適切な行動を受けて罰金処分を科す判断を下したことを明らかにした。

 問題となった場面は、昨年12月22日に行われたハノーファー96戦であり、デュッセルドルフの観客席では試合前から12個のベンガル式発煙筒が炊かれ、85分にもさらにもう1つのベンガル式発煙筒が、デュッセルドルフの観客席にて用いられている。

 これを受けてDFBスポーツ裁判所はフォルトゥナ・デュッセルドルフに対し、罰金として1万3000ユーロを求めることを判断。すでにこれをクラブ側が受け入れたことから、処分はすでに確定済みとなった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報