ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年03月22日

デュッセルドルフ、フィンクに続きボジェクとも延長か

Düsseldorf
フォルトゥナ・デュッセルドルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先日には主将も務めるベテランMFオリヴァー・フィンク(37)との契約延長を発表したフォルトゥナ・デュッセルドルフだが、さらにもう一人のベテランMF、アダム・ボジェクとも1年間の契約更新で合意することになりそうだ。

 2011年にデュイスブルクからデュッセルドルフへと加入した33才は、これまで浮き沈みの激しいシーズンを過ごしていくなかで、2年前には当時のマルコ・クンツ監督から構想外とされていたものの、そこから受け継いだフリードヘルム・フンケル監督からはむしろ重用されており、昨季はブンデスリーガ1部復帰へと貢献。

 決して華々しいタイプの選手ではなく、ソボットカやモラレスなど中盤の定位置争いも激しいが、しかしそれでも対人戦での強さを活かし、また負傷離脱の影響などもあって、今季はここまでリーグ戦16試合に出場(途中出場1試合)、kicker採点平均は3.83をマークしているところだ。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報