ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月25日

前節負傷欠場の宇佐美貴史が、フルメニューに参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先週の木曜日に行われたフォルトゥナ・デュッセルドルフのプレスカンファレンスにて、フリードヘルム・フンケル監督は宇佐美貴史が「昨日に交錯した際に、膝上にひどい血腫を抱えてしまった。確かに最後まで練習は行なったが、ただ本日は腫れ上がってまともに動かすことができない。金曜日に様子を見極めるしかない」とコメント。その結果、マインツ戦では欠場を余儀なくされた。

 しかしながら水曜日にフォルトゥナ・デュッセルドルフの公式ページが伝えたところによれば、宇佐美貴史はすでに「100%の負荷をかけられる状態まで回復を果たした」とのこと。「チーム練習への参加を果たした」ことも明かされており、手を骨折していたヤロスラフ・ドロブニーと共にフルメニューに参加したという。

 さらにこの日は負傷離脱中のディエゴ・コンテントと、ニコ・ギーセルマンの左サイドバック2選手がともに、チーム練習参加を果たしたことも合わせて伝えられた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報