ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年07月09日

デュッセルドルフのカラマン、右膝負傷でしばらく離脱

Düsseldorf
フォルトゥナ・デュッセルドルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 フォルトゥナ・デュッセルドルフはこれからしばらくの間、ケナン・カラマンを欠いて、新シーズンにむけ取り組んでいくこととなった。25才の攻撃的選手は、右膝に血腫と関節包の損傷を抱えたという。これは土曜日に行われた練習中に捻ってしまったためであり、月曜日に受けた系蜜検査の結果で明らかとなった。ただデュッセルドルフでは内側側副じん帯の損傷をも危惧していたものの、そちらについては確認はされておらず、これから数週間にわたって離脱を余儀なくされる。

 その一方でデュッセルドルフは、最近ではスロベニア1部NKクルシュコにレンタルしていたカルロ・マイッチとの契約を解消した。21才のFWは2016年にディナモ・ザグレブから加入。それからAユースにて25試合に出場して16得点をマーク、ブンデス4部相当の下部チームでは30試合に出場して2得点を記録していた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報