ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年07月31日

デュッセルドルフ、プレミアから3選手目スットナー獲得

Düsseldorf
フォルトゥナ・デュッセルドルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス1部復帰を果たした昨年の夏では、フォルトゥナ・デュッセルドルフはバルコク、ツィマー、モラレス、カラマン、シュテーガー、ドゥクシュ、ツィマーマン、そして宇佐美貴史と、ドディ・ルケバキオを除き、ブンデスリーガ、またはブンデス2部での経験をもった選手たちを獲得した。

 しかしながら昨季途中からマネージャーへと就任した、広範囲に及ぶネットワークを有したルッツ・プファンネンシュティール氏と共に迎えた初めての夏では、マンチェスター・シティから米国代表GKザック・ステッフェン、さらにFCチェルシーからルイス・ベイカーを獲得。共にレンタルでの加入ながら、後者には移籍金1000万ユーロでの買い取りオプションも付随している。

 さらにこの日、フォルトゥナ・デュッセルドルフは今夏プレミアリーグから3選手目となる、マルクス・スットナーを獲得。今冬よりレンタルで加入していたベテラン左SBは、そこで好印象を残しており、ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンから単年契約で加入。あとの補強ポイントは、センターバックということになった。

 ちなみにその他今夏の傾向としては、シャルケから獲得したベルナルド・テクペテイ、部ワースラント=ベフェレンから獲得したオポク・アンポマーと、ガーナにルーツをもつ攻撃的選手を二人獲得している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報