ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月12日

デュッセルドルフ期待の新戦力、アンポマーが長期離脱へ

Düsseldorf
フォルトゥナ・デュッセルドルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 新天地での最初の公式戦で、最初のゴールを決め、自ら初陣を飾ってみせた、フォルトゥナ・デュッセルドルフのオポク・アンポマー。今夏に移籍金280万ユーロで迎え入れ、そしてこの夏の準備期間でもそのクオリティを示してみせた、スピードに長けたドリブラーだったのだが、しかしながらドイツ杯初戦ヴィリンゲン戦にて内転筋を負傷。これから4〜6週間の離脱を余儀なくされることとなった。

 なおこの試合で右ウィングとして先発出場した、ベルナルド・テクペテイについては、さほど目立つ活躍はできておらず、開幕戦でも先発メンバーに残るかは疑問視されるところ。デュッセルドルフでは、シュトゥットガルトから加入したエリック・トミーが負傷から癒えて再びオプションとなっているところであり、またヴィリンゲン戦にて途中から投入されたトーマス・プレードルも控えている。

 ただもう1つのバリエーションとしては、明らかな格上として臨んだドイツ杯とは異なり、ブンデス開幕戦では守備的に、左サイドバックを本職とするマルクス・スットナーをウィングとして起用し、ニコ・ギーセルマンとともに左サイドを担っていくことも考えられるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報