ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月22日

デュッセルドルフ、マティアス・ツィマーマンと2024年まで延長

Düsseldorf
フォルトゥナ・デュッセルドルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 フォルトゥナ・デュッセルドルフは木曜、マティアス・ツィマーマンとの契約を2024年まで延長したことを発表した。シュトゥットガルトでは主力の座をつかみきれなかった同選手は、デュッセルドルフ加入後はその座を射止めることに成功し、昇格組として昨季はブンデス1部全34試合に出場、主に右サイドバックにてわずか10分間のみの欠場という鉄人ぶりを発揮した。

 「昨季フル出場したのは、このチームでは彼一人しかいない。そのことからだけでも、彼のこのチームにおけるステータスに高さは見て取れるというものだ。ピッチ上でもロッカールーム内でも、非常に重要な選手の一人だよ」と、ルッツ・プファンネンシュティール氏はコメント。「アンドレ・ホフマンに続いて長期契約を結ぶことができた」ことへの喜びをみせている。

 一方でデュッセルドルフ、シュトゥットガルト、フュルト、グラードバッハなどでブンデス通算56試合に出場しているツィマーマンは、「加入初日から、クラブでもこの街でもとにかく楽しく過ごせている」と述べ、「チームメイト、クラブ、そしてファンとのこういった一体となっての取り組みは、僕自身これまでに経験したことのないものなんだ」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報