ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月29日

デュッセルドルフ、ソボットカとアダムスが筋損傷

Düsseldorf
フォルトゥナ・デュッセルドルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 彼らが火曜日にピッチから後にする姿をみて、すでに離脱の2文字は明らかなものだったと言えるだろう。フォルトゥナ・デュッセルドルフは守備的2選手、マルセル・ソボットカとカシム・アダムスを、テストマッチでの負傷により、しばらくの間欠いて臨むことを余儀なくされた。

 カシム・アダムスは日曜日に行われるアイントラハト・フランクフルト戦での先発出場も視野に入れていたところだったが、5部TSVメーアブッシュとのテストマッチでの前半終了間際に左大腿筋裏を負傷。その翌日には筋損傷を抱えていることが明らかとなっている。離脱期間は最低でも2習慣が見込まれているところ。ソボットカも筋損傷が確認されたが、場所はアダムスの大腿筋とは異なり、内転筋とのこと。ともに相手選手からの影響などを特に受けずに負傷していた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報