ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月17日

フンケル監督、降格圏内転落でも「また這い上がっていく」

Düsseldorf
フォルトゥナ・デュッセルドルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 降格圏内まで間近に迫る15位にまで転落してしまった、フォルトゥナ・デュッセルドルフ。週末に行われるヘルタ・ベルリン戦に向けて、ニコ・ギーセルマンは「プレッシャーは感じていない。むしろ流れを変えるチャンスだと思う」と、週末の1.FSVマインツ05戦に向けて語った。それでも結果次第では降格圏内に転落する可能性もある。それでもフリードヘルム・フンケル監督は「そうなれば、そこから戦って再び這い上がっていくだけだ」と意気込みをみせている。

 なおその前節のヘルタ・ベルリン戦にて途中出場から良いところをみせていた、アルフレッド・モラレスは風邪のために欠場を余儀なくされる一方、一部昇格時に主力の一人として支えたボランチ、マルセル・ソボットカが度重なる負傷から復調をみせているものの、フル出場まではまだ厳しいところ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報