ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年11月02日

デュッセルドルフ、プレードルが練習中に膝を負傷。しばらく離脱へ

Düsseldorf
フォルトゥナ・デュッセルドルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 フォルトゥナ・デュッセルドルフはこれから数週間にわたり、トーマス・プレードルを欠いて臨むことを余儀なくされた。同選手は木曜日の練習中に負傷を抱えたという。そして検査の結果、膝の内側側副じん帯に部分断裂が見られるとのことで、「バルコクとの対人戦で、不運にも膝に入ってしまったんだ」と、フリードヘルム・フンケル監督は説明。「即座に、強い痛みに襲われていたよ」と、言葉を続けている。

 そのためプレードルは、すでにチケットが完売となっているケルンとのダービーを外からみることに。ただし今夏にインゴルシュタットより加入した同選手は、ここまで特にこれといった役割を得ているということはなく、これまで3度にわたり後半から途中出場。最近では公式戦4試合でベンチ入りしていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報