ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年11月26日

デュッセルドルフ、19才の米国人DFサンズがテスト生として参加

Düsseldorf
フォルトゥナ・デュッセルドルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今季のフォルトゥナ・デュッセルドルフでは、米国出身の2選手がチームの主軸を担い活躍をみせているところだが、さらに米国からもう一人の選手を迎え入れることになるかもしれない。フォルトゥナ・デュッセルドルフは火曜、19才のMFジェームス・サンズがテスト生としてトップチームの練習に参加することを発表した。具体的なテスト期間は明らかにされていない。

 母国では大きな才能をもつ選手として期待がかかる身長180cm、体重73kgのサンズは、MLSでのルーキーシーズンよりニューヨーク・シティFCにて主力を務めており、特にボランチやセンターバックといった、守備的ポジションでプレーが可能なディフェンダーだ。

 なおデュッセルドルフにはベルリン生まれのアルフレッド・モラレス、そしてマンチェスター・シティからレンタル中のザック・ステッフェンと、二人の米国代表選手がチームの主力を担っているところであり、チームに合流した時にはサポート役としても期待ができるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報