ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月19日

デュッセルドルフ、守護神ステッフェンが負傷欠場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今週土曜にはヴェルダー・ブレーメンとの下位直接対決を後半戦初戦から迎えたフォルトゥナ・デュッセルドルフだったが、しかしながらその重要な一戦で守護神、ザック・ステッフェンが欠場を余儀なくされた。なお試合はデュッセルドルフが0−1で黒星発進となっている。

 24才の米国代表GKの欠場については複数のメディアから既に報じられており、土曜日の試合開始直前にクラブ側から改めて発表。膝の膝蓋腱に問題を抱えているという。

 なお今季よりマンチェスター・シティよりレンタルで加入し、ここまでkicker採点平均3.09と好成績をマークしていた同選手の代役には、若手フロリアン・カステンマイアーが起用された。

 確かにデュッセルドルフには昨季の守護神、経験豊富なミヒャエル・レンジングが控えているところだが、しかしながら肩の負傷により長期離脱を余儀なくされたことから、またトレーニング面での遅れが生じている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報