ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年02月24日

デュッセルドルフ指揮官「残留争いは、もう1クラブが頭にある」

Düsseldorf
フォルトゥナ・デュッセルドルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に行われたSCフライブルク戦にて、監督就任初勝利を2−0で挙げた、フォルトゥナ・デュッセルドルフのウーヴェ・レスラー監督。就任時には最下位へと甘んじていたものの、これにより金曜日の試合では、安全圏内への浮上の可能性もみえてきた。
 
 残留を争う直接の相手として指揮官は、パダーボルンやブレーメンのみならず、「少なくとも、もうさらに1チームを考えている。時には思いもよらぬチームが転落してくるものだ」と、kickerとのインタビューに対してコメント。おそらくその視線の先にあるクラブこそ、金曜日の相手ヘルタ・ベルリンだろう。

 決してその名前を明かすことはなかった指揮官だが、ここまでの自軍の状況については「今冬加入の新戦力がとてもうまくやってくれているね」と称賛、中盤にはベリシャ、CBにはヨルゲンセンが加わっており、さらに「私の就任前の方が良い状況にあったであろう選手たちが、非常に忠誠心とプロフェッショナルさを持って取り組んでくれている」と賛辞。これはフィンクとボジェクの、二人のベテランMFを指したもので、「チームスピリット」への自信を強調した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報