ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月04日

デュッセルドルフのカステンマイアーが、フェアプレー賞を受賞

Fortuna Düsseldorf
フォルトゥナ・デュッセドルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス2部フォルトゥナ・デュッセルドルフのフロリアン・カステンマイアーが、ドイツサッカー連盟よりフェアプレー賞を受賞した。同賞は1997年に創設され、連盟副会長のロニー・ツィマーマン氏が代表を務めており、このたびはカステンマイアーが示した”ある行動”が受賞対象となった。

 それは今年の3月はじめのこと。ドイツ杯準々決勝において当時、ブンデスリーガのクラブとして参加していたデュッセルドルフだったが、そこで格下である4部のザールブリュッケンを相手に、PK戦にまでもつれこんだ末に敗退を喫することになる。

 そこで「通常であれば、プロのチームはカップ戦にて格下相手に敗戦を喫した場合、数分以内にはすでにチームバスへと逃げ込むのが普通」だが、しかし「カステンマイアーは、そこで辛抱強く待ちつづけ、そして相手GKダニエル・バッツの健闘を称えていた」と理由について説明した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報