ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月06日

デュッセルドルフ、若手CBシーベルトとプロ契約

Fortuna Düsseldorf
フォルトゥナ・デュッセドルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アペルカンプ真大が所属するブンデス2部フォルトゥナ・デュッセルドルフは金曜、ジャミール・シーベルトとプロ契約を締結したことを発表した。18才のセンターバックとは、2024年6月末日までの契約を締結。「ジャミールはここ数年、目覚ましい成長を遂げており、その練習に臨む姿は、トップチームで活躍をみせる可能性を感じさせるものがあるよ」と、ウーヴェ・クライン競技部門取締役は期待感を示している。

 デュッセルドルフではU9より所属しプロへの階段を上がってきた同選手は、昨年9月のウュルツブルガー・キッカース戦にてプロデビューを果たしており、10月中旬に行われたヤーン・レーゲンスブルクにてフル出場。しかしながらそれ以降は、ブンデス4部相当に属するセカンドチームを主戦場にしているところ。

オフォリは、自らセカンドチームへ

 その一方で逆にトップチームから自ら志願して、セカンドチームへと渡るのがケルヴィン・オフォリだ。19才のガーナ人FWは開幕当初からアペルカンプ真大と共に、ウーヴェ・レスラー監督より今季の飛躍を期待されていたものの、ここまでリーグ戦にて先発出場したのはわずか3試合。途中出場は7試合となっており、「残念ながら、トップチームでは彼に、思うような出場機会を与えられないのが現状だ」と、指揮官は苦しい胸の内を明かした。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報