ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月02日

デュッセルドルフ、トルコ代表カラマンからコロナ陽性が確認

Fortuna Düsseldorf
フォルトゥナ・デュッセドルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アペルカンプ真大が所属するブンデス2部フォルトゥナ・デュッセルドルフは、ケナン・カラマンがコロナ検査の結果で陽性反応が確認されたため、これからしばらくの間は隔離されることを発表した。

 なおチーム、スタッフに関しては、トルコ代表参加から帰国して以降、特に接触を避けており「引き続き、通常通りに」活動を行うことができるという。

 ただ少なくとも今季2部24試合に出場し7得点、2アシスト、kicker採点平均3.87を記録している27才のFWについては、週末のダルムシュタット戦については欠場することが確実となっている。

 クラウス・アロフス取締役は、「今回の一件からは、コロナ危機下における代表参加には、いかに大きなリスクが伴っているかということが示されていると思う」と述べ、「これから数試合欠場することになる。これは非常に迷惑な話だ」と苛立ちを募らせた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報