ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月07日

デュッセルドルフ、モラレスが即座にニューヨーク・シティへ移籍

Fortuna Düsseldorf
フォルトゥナ・デュッセドルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既に契約は交わされた。ブンデス2部フォルトゥナ・デュッセルドルフのアルフレッド・モラレスが、即日退団しMLSのニューヨーク・シティFCへと移籍する。このタイミングでデュッセルドルフが移籍に応じた理由は、やはり移籍金の問題だ。

 モラレスにとってはアメリカでサッカーをするという夢をかなえる移籍であり、「MLSでプレーしたいという思いは、ずっと僕の頭の中にあったこと。それをフォルトゥナがこんなに短期間の間で可能にしてくれたことを、とても嬉しく思っている」と、ドイツ系アメリカ人の30才MFは語った。

 今季ここまでモラレスはデュッセルドルフにて15試合に出場、1アシスト、kicker採点平均3.35をマークしており、契約はこの夏いっぱいをもって満了を迎えるところだった。「彼にとってこれはエキサイティングな話。またシーズン中ながら希望を聞き入れた理由は、双方にとってメリットがあったから」と、クラウス・アロフス取締役は説明。

 つまりは今年の6月末日で満了となる前に、デュッセルドルフは早期の移籍に応じることである程度の移籍金を確保できたということだが、しかしながら契約に関する詳細は特に明かされていない。なお新たな契約期間は2023年までで、さらに1年間の延長オプションも付随しているという。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報