ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月14日

デュッセルドルフ、カラマン、アペルカンプらがメンバー復帰か

Fortuna Düsseldorf
フォルトゥナ・デュッセドルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 トルコ代表からの復帰後、コロナ検査の結果で陽性反応が確認された、ブンデス2部フォルトゥナ・デュッセルドルフのケナン・カラマン。その後に隔離生活へと入り、水曜日に行われた練習にも姿を見せていなかったが、ただし日曜日のリーグ戦から復帰する可能性はある。木曜日に改めてコロナ検査を受け、陰性が確認されれば金曜、そして土曜日にも練習を行う見込みだ。

 とりわけ1部に昇格に向けて厳しい状況に置かれており、今回のオスナブリュック戦では勝利あるのみという状況だけに、ルーヴェン・ヘニングスの8得点に続くチーム2位の得点数(7得点)を誇る、カラマンの復帰はデュッセルドルフにとって願ってもないこと。特に今回は軽症だったこと、「経験豊富であることからも、金曜と土曜に練習ができれば問題はないだろう」と、レスラー監督も期待を寄せる。

 さらにデュッセルドルフの離脱状況は緩和されつつあり、先週末に行われたチーム内でのテストマッチでは、アペルカンプ真大やエマヌエル・イヨハも復帰。なお前線でもウィングでもプレー可能なイヨハに関しては、ここのところ特に不足が感じられる中盤での創造性をもたらすアペルカンプよりも、若干進展が見られているところだ。
 
 「現状を見る限り、両選手ともに日曜日の試合では、メンバー入りすることはできるだろう」とレスラー監督。「どれだけ長くいけるかについては、それは様子見だ」とも言葉を続けた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報