ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月29日

デュッセルドルフ、負傷離脱中のプレードルと延長

Fortuna Düsseldorf
フォルトゥナ・デュッセドルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アペルカンプ真大が所属するブンデス2部フォルトゥナ・デュッセルドルフは、トーマス・プレードルとの契約を2022年6月末日まで延長したことを発表した。ウーヴェ・クライン競技部門取締役は、「トニにとって、恐らくキャリアで最も困難なこの時期に、リハビリと復帰に向けて100%集中できるように、計画的な保障を与えたかった」と説明。

 3月はじめの試合中の対人戦で負傷交代を余儀なくされたプレードルは、翌日の月曜日に膝の半月板や前十字靭帯を含む、複雑な負傷を抱えたことが判明。長期離脱に入っており、それ以前はブンデス2部23試合(先発8試合、フル出場は1試合)に出場して、kicker採点平均3.76をマークしていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報