ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月24日

デュッセルドルフ、カラマンやダンソらが退団へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス2部フォルトゥナ・デュッセルドルフの首脳陣、コーチ陣、そして選手たちは、月曜朝に行われた合同ブランチにて、今シーズンの締め括りを行った。それは今季いっぱいで契約を満了する、ウーヴェ・レスラー監督にとっては最後の共同イベントであり、またチームを後にすることになる一部の選手にとっても、それは同様だ。

 FCアウグスブルクよりレンタルにて加入し、運動能力に長け数少ない安定的に出場することができていたケヴィン・ダンソ、そしてCBや左SBでも活躍をみせていたルカ・クラインツ、そしてトルコ代表としてユーロに臨むケナン・カラマンについても、当初の予想通りに退団。

 一方でベテランのラファエル・ヴォルフやアダム・ボジェクについては、まだ今後については不透明のままとなっており、少なくともボジェクについては今後もクラブと繋がりを保ち続けることになるだろう。最近では復調をみせたことからもバックアップ要員でありつづける可能性はある。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報