ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月26日

デュッセルドルフ、田中碧を買取りオプションつきでレンタル

Fortuna Düsseldorf
フォルトゥナ・デュッセドルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


アペルカンプ真大が所属するブンデス2部フォルトゥナ・デュッセルドルフは、土曜日の正午すぎに田中碧を獲得したことを発表した。1年間の期限付きながら、買取オプションも付随しているという。

 ニクラス・シプノスキに続く2人目に新戦力について、クライン競技部門取締役は「彼のもつそのクオリティは、うちの中盤に好影響をもたらしてくれるものだろう。非常に才能があり、ポリバレントで、そして若いながらも経験も持ち合わせた選手。日本で最も優れたクラブの主力は伊達じゃない」と評価。「他にも強豪クラブがあるなかで獲得できよかった」と喜びをみせた。

 川崎出身の田中は、その川崎フロンターレにてJリーグ通算79試合に出場し、8得点をマーク。2018年と2020年にはJリーグを制し、現在も独走体制に入っているところ。さらに国際舞台においてもアジアチャンピオンズリーーグに加え、U23代表で5試合、A代表でも2試合でプレー。また東京五輪代表メンバーにも選出されており、フォルトゥナから参加の許可も得ている。

 田中は、「個人的に、今回の移籍についてとても嬉しく思っています。子供のときから所属していたクラブを離れることは、決して容易なことではありませんが、しかしフォルトゥナでの自分のタスクもまたとても楽しみにしているところです。新たな同僚との対面も楽しみですね」と意気込みを述べた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報