ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月30日

デュッセルドルフがハンブルクからナレイ獲得。「右SBは埋まった」

Fortuna Düsseldorf
フォルトゥナ・デュッセドルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アペルカンプ真大、田中碧が所属するブンデス2部フォルトゥナ・デュッセルドルフは、同じくブンデス2部ハンブルガーSVからハレド・ナレイを獲得した。26歳のMFとの契約期間は2023年までの2年。
 
 これまでSCパダーボルン、グロイター・フュルト、そしてここ3年はハンブルクにてプレーしてきた同選手は、ブンデス2部通算155試合に出場するなどこのリーグに精通したプレーヤーであり、今季はリーグ戦29試合に出場して3得点1アシストを記録。ただし先日にその契約は早期の解消が発表されている。

 今回の入団に際して、ナレイは「ここ数年間で遠くからみてきて、そして何度かの直接対決を経て、フォルトゥナ・デュッセルドルフがいかに素晴らしく、そしてエキサイティングなクラブであるかを目の当たりにしてきた。だからこれからここのエンブレムを胸につけプレーできることを嬉しく思う」とコメント。

 一方でクライン競技部門取締役は「ハレドは右サイドバックとして、攻撃的に解釈したプレーができる選手であり、監督には新たな選択肢を提供することができたと思うよ。ダイナミズムをもった、スピードある選手で、かつその豊富な経験によりチームの助けとなってくれるはずだ。右サイドバックのポジションはこれで埋まった」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報